エスクァイア(エスクワイア)とライバル車を比較

エスクァイアの値引きにはライバル車の情報が必須

エスクァイアを含むトヨタ車には値引きのセオリーがあります。それは、「トヨタディーラー同士を競合させる」という方法です。エスクァイアの場合はエスクァイア同士を相見積もりに持ち込むということになります。

 

とはいえトヨタディーラーもその点は熟知しています。なので、同士競合だけではやり過ごされてしまう可能性もあります。

 

そんなときに、商談に刺激を与えるのがライバル車の競合です。エスクァイア同士の競合ばかりするお客さんにうんざりしているところに、急にライバル車の話が持ち出されると営業マンもシャキっとすることでしょう。

 

姉妹車を活用する

 

厳密にはライバル車とは言えませんが、ヴォクシー・ノアは競合に有効です。同じトヨタ車ですが、ヴォクシーはネッツ店、ノアはカローラ店なので、トヨタ店、トヨペット店で販売されているエスクァイアとは販売店が異なります。なのでノルマも違うということになり、競合がかなり使えるのです。

 

ただ注意点が一つあって、価格帯の違いに気をつけなければいけません。ヴォクシー・ノアとエスクァイアは土台がほぼ同じなので類似点の多い車種となりますが、価格帯がエスクァイアの方が20万円程度高くなります。なので単純に価格競争に持ち込むのは若干難しいです。

 

なので「ヴォクシー(ノア)の見た目が好き」といった個人的な好みを前面に押し出すといいでしょう。その上で「ヴォクシーは△△店だと在庫があって安くなりそう」などとアピールすることで、エスクァイアの値引きが引き出しやすくなります。

 

他メーカーのライバル車はないの?

 

トヨタ同士の競合ばかりしてぎると「値引き目当て」と思われかねないので、他社の車種とも競合させておきたいところです。そこでオススメなのが日産のセレナです。価格帯が近い上に客層もかぶっているので、ライバルとして最適です。

 

ただ、セレナにはハイブリッドの設定がないので、競合できるのはエスクァイアのガソリングレードのみです。またセレナは値引き幅がかなり大きく、50万円以上値引きされることもザラなので、トヨタ側があっさり降参する可能性も高いです。

 

なので、メインの値引き材料として使うことは難しいでしょう。あくまで商談が行き詰まってしまったときの飛び道具として覚えておいてください。「セレナがすごく安いから、そちらも迷っている」などといってプレッシャーをかける程度にとどめましょう。

 

あとはステップワゴンあたりもライバル車になるでしょう。同様にガソリン車のみのライバルという形にはなりますが、カードはたくさんもっておいたほうがいいです。